アフターライフ 合同会社kizuna  松本 徹 1日3分の非常識な稼ぎ方 気まぐれビジネス 100人中100人が稼げる? 詐欺? 評判は? 暴露レビュー

アフターライフ 松本 徹 合同会社kizuna 1日3分の非常識な稼ぎ方 気まぐれビジネス 100人中100人が稼げる? 詐欺? 返金? 評判は? 口コミは? 暴露レビュー

アフターライフ 松本 徹 合同会社kizuna 1日3分の非常識な稼ぎ方 気まぐれビジネス 100人中100人が稼げる? 特定商表記事項
●販売会社 : 合同会社kizuna
●住所 : 東京都港区六本木4-3-11 六本木ユニハウス223号室
●電話番号 : 090-9346-6278
●メールアドレス : info@lens-ex.jp
●価格 : 267,000円(一括払い)
●販売URL : http://af-life.net/tega/

評価 : オススメできない商材

“1日3分の非常識な稼ぎ方”、”気まぐれビジネス”、”100人中100人が稼げる?”という

無料オファーを行っている方が、松本 徹氏です。

 

松本 徹氏は1日3分の作業で月収7,967,011円を稼ぐと言っておられますが、

無料オファーではいったいどうやって稼ぐのかが明記されていないので、

この動画を見て真相をみてください。

インタビュワーの方が、松本 徹氏からちょっと教わっただけで(しかも口頭で)、

初月から約20万円程の利益を出したと言ってます。

「簡単そうだし、これはスゴイ稼げそうだ」と思いました?

投資初心者の方は、くれぐれも安請け合いしないでください。

松本 徹氏のトレードの手法を簡単にまとめると

・株の信用取引を行う
・決めた銘柄のみで取引する
・チャート分析も必要なく売買タイミングは適当
・損切はしない

と言う事です。

動画では、ほとんどリスクがないように言っていますが、ここに挙げた手法は「かなりハイリスク」だ

という認識を持つ必要があります。

株の信用取引では、資金の3倍まで購入できるので、その分損失も大きくなるので、

うまく損切ができなければ、一発レッドカードもあり得る商品です。

そのうえ、インタビュワーの方が簡単に実践できたことを考えても、

この手法はかなりシンプルに行うものなのです。

このような手法はうまくいっているときは良いですが、

相場状況が変化するとまったく機能しなくなることもあるため、

注意することが必要になってきます。

ここのところの3年間程度の株価は急上昇的な相場ですので、

安定した銘柄を購入していた人はかなり儲かっています。

ですので、松本 徹氏が3年間で株の信用取引することで稼げたと言われても、

この間はもっとも稼ぎやすい下で出した結果ですので、

これはこの後もずっと稼ぎ続けられることを保障するものではないです。

もしかすると今後は稼げなくなるかもしれないと考える理由は、

今年の6月中旬までは高騰を続けていた中国株がここにきて大暴落となって

3割以上も下落し、これまで中国株で信用取引をし、大きく利益を取ってた人は

今度は膨大な損失を出し自殺者まででています。

多くのエコノミストの予想が、アベノミクスもここで息切れになっており、

各諸国の株の下降やギリシャ問題等の経済影響をみると、

そろそろ日本株の上昇傾向も危うい状況になってきた

と言われてきています。

そんな状況下だからこそ、松本 徹氏自身も、

株投資で稼ぐのがしんどくなり、商材販売で稼ぐことに切り替えてきた

と考えるのが妥当なのではないでしょうか。

普通、毎月1日3分で700万円以上を稼いでいる人が、

こんな無料オファーをする必要はないですからね。

ですから、あまりにもシンプルすぎるこの手法で株の信用取引にチャレンジし始めることは、

投資初心者にとっては危険性が高いと判断します。

そもそも株の信用取引は、動きが少なくなるレンジ相場となっても

稼げることはなくなりますから、参加した途端にマイナス路線になってしまう可能性が

あることを十分に認識しておく必要があります。

ですので、投資初心者は、しっかりとした裁量判断を学ぶことから

始めていきましょう。チャート分析なんかもちゃんと学ぶべきですね。

そのうえで、コツコツと投資を進めて、自分の投資スタイルを作っていきましょう。

最初からひとつの手法でのめり込むのは危険です。

とにかく稼げる手法という言葉に飛びついても、始めた途端に相場環境が変わり稼げなくなり、

大損したという話しは、しょっちゅうある話ですからね。

このアフターライフという30万円近い高額商材に、

賭けることはオススメできないと判断します。

そもそも投資手法と言うものは、あせらずにコツコツと身に付けていくものです。

簡単に稼げるという言葉に煽われはダメです。

サブコンテンツ



このページの先頭へ